ランチを彩る小さなおかず13

2010年3月23日 / 避風塘ふじた(ランチメニュー)

写真は
「牛すね肉の煮こごり」
です。
実はこの牛すね肉、スープを取ったあとのもの。
3?4時間火にかけるので、固いすね肉も柔らかになります。
余分な脂、すじを除いて、生姜・にんにく・豆板醤を炒め、スープ・砂糖・醤油で味付け。
最後にゼラチンを加えて、冷蔵庫で冷やし固めます。
写真のように切り分け、おかずの一品の出来上がり。
ここの店で牛肉を使う料理は、これぐらいです。
他の店で、「牛肉のオイスターソース炒め」や、「牛肉と卵の炒め」とかがありますけど…
正直、あーんまりおいしくないです。
中華料理屋で、牛肉の下拵えをする時、下味と一緒に「重曹」を入れる所が多いんですよ。
肉を柔らかくさせるためなんですけどね。
これで、肉が薬っぽくなるというか、牛肉の「肉」の味がよく分からなくなってしまうというか…
みなさんは中華料理で牛肉料理を食べた時、そう感じた事はありませんか??
もちろん、いい牛肉を使えば重曹なしで柔らかくて美味しいんですけど…
値段がぐいっと跳ね上がります (ノ゚O゚)ノ
ここの店で使うなら、少し高いコース料理で、サーロインとか使って、美味しい牛肉を出したいですね!

コメントは受け付けていません。

2017年5月
« 2月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

TOPへ戻る