菜の花に似た中国野菜・広東菜芯

2010年4月21日 / 避風塘ふじた(ディナーメニュー)

広東菜芯(カントンサイシン)…… アブラナ科の一品種で、若い花茎と蕾が可食部分。日本の菜の花よりもしっかりした歯ざわりでこくがあり、ほろ苦さはほとんどない。
と、手元にある資料に書いてあります。
実物の写真です。

これも広島から取り寄せてます。
香港の人はけっこうこれが好き!
さっと湯がいて、カキ油を付けて食べるのが多いです。
炒めもの、和えものにも使います。


うちの店では、さっと湯がいて、カキ油・スープ・醤油のタレを作り、葱のみじん切りを入れて上からかけます。

カキ油だけでは少し甘ったるくなって、せっかくの野菜の味が消えてしまう気がするのでこんな感じになりました。
馴染みのお客さんの中には、この野菜が好き!っていう方もいます。
香港に行った事のある人で、
「姫路にはなかなか食べれる所がない」
とお聞きしたので、手に入った時には 「夜のおすすめ」で出してます。

コメントは受け付けていません。

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

TOPへ戻る