マコモダケを使った料理

2010年5月13日 / 避風塘ふじた(ディナーメニュー)

「マコモダケ」って、まだあんまりなじみのない名前だと思います。
手元の資料では…
「イネ科の多年草で、新芽にマコモ黒穂菌という菌が寄生すると、茎が軟化して肥大し、白いタケノコのようになります。これをマコモタケといいます」
とあり…

こんな野菜です。
サクッと分かりやすく言えば…
「タケノコみたいなキノコ」なんです。
中国や台湾でよく使われ、うちの店も広島果菜農場から送ってもらってます。
中華料理ではだいぶ前から使われている「マコモタケ」
うちの店では、ちょっと手をかけてコースに出してます。


まず皮をむいて切り目をいれ、薄く片栗粉をまぶします。
次に豚バラ肉の薄切りをくるくると巻いて、塩・胡椒をして片栗粉をつけ油で揚げます。
つぶした黒胡椒・A1ソース・醤油・カキ油・バターを合わしてソースを作ります。
皿にソースを敷いて、カットしたマコモタケを並べて…

「マコモタケの黒胡椒ソース」
の出来上がり!
バター、A1ソースを使うのは広東料理ならでは。
中華料理っぽくない!?
味です。
マコモタケはお湯で火を通すより、油で揚げた方がおいしい。
しっとりサクサクとして、普通のタケノコより優しい歯ごたえ。
それだけでは味が淡泊なので、肉を巻いて補ってます。
「マコモタケ」も手を加えてやると、立派なコース料理の一品になります!

コメントは受け付けていません。

2017年7月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

TOPへ戻る