たまにはプロの包丁研ぎを・とぎ屋さん

2011年6月24日 / 避風塘日記

和洋中を問わず、包丁は常に良く切れるようにまめに研ぐんですが…
今回、こちらにお世話になりました。

自分でももちろん研ぐんですけど、やっぱりプロならでは、の所があります。
両刃の包丁と言えば…
中心には鋼があり、それを挟むようにして鉄を被せ、薄く叩いて包丁ができます。
その鋼が出るように、普段鉄の部分を研ぐ訳ですが…
この鉄の部分、頑張って研いでいると横から見た時には、0、何mm単位で差が出てきます。
よく研いでる所は薄くなり、微妙ですが凸凹になってしまうんです。
そこでプロの出番!
機械で鉄を平らにし、鋼がでるように均等に研いでもらいます。
機械でやると、熱がかかり過ぎて鋼がおかしくなる、そんな事を聞いたことがありますが…
全く問題なし、です。
ごくたまに、こうして手入れをしてやる方が、下手に鉄や鋼が減らないので包丁は長持ちします。
「とぎ屋さん」お世話になりました。
また行きます?。

コメントは受け付けていません。

2017年6月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

TOPへ戻る