ランチを彩る小さなおかず43

2012年1月17日 / 避風塘ふじた(ランチメニュー)

この店がオープンして、しばらくはランチにザーサイを付けてたんですよね。
しばらく続けてたんですが…
けっこう残す人が多くて、付けない方がいいかな、と思い無くしました。
が!
ザーサイ、最近復活させました?。
味付けを変え、量も前より控えめにしてます。

これがザーサイ。
まるごと一個は、あんまりスーパーには売ってないので目にした人は少ないかもしれません。
これを適当な大きさに切って、スライスしていきます。
左手でザーサイを上から押さえ…
包丁を寝かし、まな板に沿って横から削いでいきます。
一回ずつ、横にザーサイをずらしながら、続けて切っていきます。

こんな感じ。
ぶ厚いと、あんまりおいしくないので、出来るだけ薄くスライスしていきます。
これを適度に塩抜きし、ピリ辛に味付けしたものがこちら。

以前ほど残す人はいないので、安心しました。
ランチに漬け物的なものがあった方がやっぱりいいと思うので、しばらくは続けていこうと思います。

“ランチを彩る小さなおかず43” への4件のフィードバック

  1. Dreamer より:

    おはようございます。
    おうちごはんの作り手である主婦感覚としましては、
    ふじたさんのランチで出てくるメイン以外の小さいおかずなどの
    少しずついろいろが、いつもすごくうれしく思いながらいただいています。[ニコニコ]
    主婦感覚で見ても、せっかく作って出したお料理が残されるのって、
    ショックですよね…。
    家庭で家族が残したものは、もったいなくて、つい、私がつまんでしまって、
    体重増加の大きな要因になってしまいますし…。[ガーン ]
    こんなふうに、小さなおかずの1品1品に、残されないようにいろいろ考えて
    工夫されているということを拝見すると、ランチにうかがった時に、
    そんな思いを意識していただけるので、いいですね。[スマイル]
    もちろん私の家庭料理にも、家族にウケるような工夫が大事なんですよね…。[キョロキョロ ]

  2. >Dreamerさん
    コメントありがとうございます!
    家庭の主婦さんが毎日作る料理こそ、本当の意味でのご馳走と思います。
    忙しい中、家族のため3食欠かさず作り、内容、うけるもの、栄養などを考えてされている事は、店での料理とはまた違うもの。
    dreamerさんをはじめ、主婦さんの大変さは、外で働く男には分からない苦労も多いと思います。
    だから、家庭での食事はもっと楽に構えて、次の献立の話しをしながら食事をするのもいいと思います。
    何でもいい、と答えるようなら、
    「じゃあ残さず食べなさいよ」
    と答えてあげて下さい。
    毎日の作り手の苦労は、しない人には分からないでしょうから。

  3. 昨日はご馳走様でした。
    いつもおいしいお料理をありがとうございます。
    初めてカウンターに座らせて頂いてなんか楽しかったです。
    ザーサイおいしかったですよ~
    また、来月もよろしくお願いします[ニコニコ]

  4. >きんちゃん さん
    いつもありがとうございます!
    たまにはカウンターもいいものでしょ?
    また来月、お待ちしてます?!

2017年5月
« 2月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

アーカイブ

TOPへ戻る